なぜ事業承継ソリューションズを立ち上げ、事業承継士として事業承継・M&A・廃業・破産のお手伝いをしているかを分かっていただきたいので、お恥ずかしながら私のプロフィールを書くことにしました。

 

1963年 福岡生まれ。

 

1985年 某航空輸送会社入社。同年実父死去。

 

1988年 叔父が入院したために叔父の経営する繊維類販売会社の後継者として福岡へ帰郷。

 

常務取締役兼営業責任者として、営業マンの育成に携わり、業績アップに貢献。

 

しかし、叔父との経営方針の違いに7年目にして退社。

 

1995年 株式会社アローフィールド入社 専務取締役就任

 

米国帰りの戦略コンサルタントに弟子入りし、経営全般にわたり修行。

 

1998年 公私ともにお世話になっていた社長夫妻が経営する葬祭業の新規事業部長として出向し、立ち上げ成功。

 

1999年 葬祭業の社長夫妻からその成果を認められ、1000万円を出資していただき起業し、代表取締役就任。

 

若気の至りで未経験のビジネスを立ち上げ、当初は順調な滑り出しをしたが、多額の負債を抱える。

 

2002年 上場企業の会長と有名通販会社の会長に、某ホテルに呼び出され、「これ以上続けると傷が深くなる」と説得されたことで、事業の閉鎖を決意。

 

2003年 株式会社アローフィールド 専務取締役として復帰

 

多額の負債を返済したいが、新たなビジネスを起こせる資金もなし。

 

次の方向性を模索しているときに・・・

 

それまで管理会計コンサルタントとして中小企業の社長夫人を中心に経理財務の指導をしていた弊社代表取締役 矢野千寿の様子を見ながら「日本初!社長夫人戦力化コンサルタント」として売り出すことを閃き、再起をかける。

 

主力講座「社長夫人革新講座」をフルコミッション契約で受講生を募る!

 

社長夫人の勉強会は・・・“日本初!”

 

不安の中で始まったが、お金のかからない販促活動・営業活動を地道に行った結果、多くのマスコミから取材申込や全国の金融機関や商工会議所から講演を依頼される。

 

また、『これからの社長夫人は会社経営のプロになれ!』『これからの社長夫人は財務分析のプロになれ!』『夫人的力量』中国語版と次々に3冊の出版依頼があり、携わる。

 

社長夫人の勉強会をサポートしながら、顧問先や受講生の企業の難問を解決するために奔走。

 

専門外のコンサル依頼には全国の専門家の先生方と提携し、九州の事務局も務める。

 

これらの活動の結果、5年で返済完了。

 

2007年 公私ともに支援を受けた前述の葬祭業の後継者問題を解決するためにM&A担当として出向。

 

相手企業との交渉もデューデリエンス対策の結果、目標をはるかに超える理想的なM&Aに成功。

 

2013年 1995年まで後継者の立場で勤めていた叔父の会社が赤字続きで債務超過に陥っていることを知り、分析の結果、経営続行は不可能と判断。

 

会社の状況は、叔父が長年の病のために放置状態で課題は山積。

 

終止符を打つために取締役社長として出向。

 

多くの問題を解決しながら、金融機関や公的機関、取引先などとの折衝を繰り返し、最低限叔父の生活を守れると判断した2018年6月に破産を叔父に提言。

 

2018年9月の破産へ向け、弁護士選任など準備を進め、債権者集会なども終わり、終結。

 

2019年 株式会社アローフィールド 専務取締役に復帰。

 

現在、事業承継ソリューションズを有志と立ち上げ、事業承継士として活動中。

 

破産を進言した時に叔父が「もう終わろう」と言ったときのホッとした表情

 

M&Aを完了した時の葬祭業の社長夫妻のやり遂げた表情

 

これら以外にも忘れられない顔がたくさん浮かびます。

 

また、弊社は社長夫人に特化した勉強会を運営してきた中で、決断の時に社長夫人が夫である社長の背中を押す場面を数多く見てきました。

 

そして、私自身も後継者も社長も経験した山あり谷ありの人生でした。

 

これらの現場体験をこれからの大廃業時代を迎える中小企業に少しでもお役に立てればと決意し、有志と事業承継ソリューションズを立ち上げました。

 

弊社のコンサルタントは、社長や後継者を体験した者が集っています。

 

社長の悩みや苦しみに親身に寄り添い、ハッピーリタイアを演出したい

 

これを使命として日々活動しています。

 

先延ばしせずに早めにご相談ください。