中小企業の現状についてお話しします。

 

グラフAは、1999年以降の「中小企業数の推移」(中小企業庁)を示しています。

 

中小企業の数は長期にわたって減少する傾向が続いています。

 

2014年現在、約381万社。

 

1999年から比較すると102万社が減少しています。

 

グラフBは、「中小企業の経営者年齢の分布」(経済産業省)を示しています。

 

ご覧のように、この20年間で経営者年齢の山は、47歳から66歳へと移動しています。

 

その上、後継者不在の企業数は、中小企業の66・1%とも、127万社とも言われており、多くの中小企業が廃業問題を抱えていることは間違いありません。

 

つまり、大廃業時代が目の前に迫っているのです。

 

さて、廃業は特別なことなのでしょうか?

 

日経ビジネスでは、今や法人寿命はわずか5年と見出しをつけました。

 

会社は、「いつかは終わりがくる」という自然現象に近いと考えたほうがいいと思います。

 

次にグラフCを見てください。

 

「廃業予定企業の廃業理由」(経済産業省)です。

 

「子供に継ぐ意思がない」「子供がいない」「適当な後継者が見つからない」という理由で、28・6%を占めています。

 

「事業に将来性がない」という理由も27・9%を占めています。

 

これらの問題は、決して他人事ではないと思います。

 

子供さんがいないために、M&Aを決断された社長夫妻

 

借り入れが多いために廃業もできずに無理やり延命した結果、傷を深めたうえ体調不良のために最終的に破産を決意した社長夫妻

 

他にも多くのこのような現実を目の当たりにしています。

 

これらの現場で感じることは、最後の最後は社長夫人の決断(後押し)で決するということです。

 

子供のように大事に育ててきた会社の“最終決断”を下すことはそう簡単なことではありません。

 

だから、余計に決断が鈍るのです。

 

しかし、社長夫人はそばで冷静に会社や社長の苦悩や体調を心配して見ています。

 

これまで社長夫人の戦力化をテーマに掲げ、セミナーや講座を運営してきたアローフィールドだからこそ、社長夫人の力の大きさを実感できるのです。

 

・後継者はいないが、業績は悪くない。しかし、歳も歳だし、これからどうしたら良いものか?

 

・後継者候補はいるが、本当に育ってくれるだろうか?

 

・借入も多いし、業績も不振。業界の見通しもよくないので、終わりたいけど、どうしたら良いのか?

 

・債務超過で金融機関との交渉も難航しているが、この難局を乗り切ることはできないか?

 

先延ばしせずに早めにご相談ください。