SWOT分析をはじめてやる時に、

 

ふとペンが止まってしまう事があります。

 

とくに・・・強みや機会

 

弱みや脅威は、どんどんでてくるのに・・・

 

どういうわけか、強みとなるとはたと出てこなくなる。

 

思考が停止してしまうのです。

 

そんな時におススメなのが・・・セルフSWOT分析です。

 

ひとまず、会社の事は置いといて、自分自身のSWOT分析をやってみます。

 

私の強みってなんだろう?

 

・粘り強い

 

・創造力がある

 

・アイデアマン

 

・数字に強い

 

・デザイン力がある

 

・人と話すと盛り上がる

 

・継続力がある

 

・コンピュータースキルが高い

 

などなど・・・

 

一方の機会は、自分にとって都合のいい変化と考えてみます。

 

・ネットで簡単にビジネスができる

 

・労働力不足で職があふれている

 

・外人が増えて英語力がいかせる

 

・ジムが沢山増えた ダイエットチャンス

 

・AIの普及で財務処理が簡単に

 

などなど・・・

 

ビジネスや会社の事をテーマにするとつい肩に力が入って、アイデアが出てこなくなりがちですが・・・

 

こと自分の事で考えてみると、意外とすんなり出てきたりする事があります。

 

この感覚を覚えておくことで、SWOTに慣れてくるのです。

 

セルフSWOTが終わったら

 

次は

 

我が家SWOTとかMYママさんバレーボールチームSWOTとかでもいいかもしれません・

 

なぜなら・・・SWOTはどれだけ行ったか?

 

回数が大事なのです。

 

もちろんやみくもな回数では成果はでません。

 

きちんとしたスキルに基づいて、繰り返す必要があります。

 

やってどうだったか?

 

検証も大切です。

 

 

たまにSWOTをやってないのに明確ですばらしい戦略立案を即座に回答される経営者に出会います。

 

 

その方は、きっと何年も長い間繰り返し、繰り返し頭の中でSWOTを繰り返されてきた方だと思います。

 

 

そこまでいけば、シートを使わずに紙に書き出さずに導き出す事ができるようになるのでしょう!