弊社では、企業の磨き上げ後継者教育戦略的中期経営計画策定を用いています。

 

毎週火曜日と木曜日は、戦略的中期経営計画策定についての詳細を取り上げていますので、参考にしてください。

 

そもそも何故この会社なの?・・・という理念が明確になり、

 

この会社をどんな会社にしたい?・・・というビジョンが明確になり、

 

そして目指すべきゴール・・・売上だったり、利益だったり、会社の規模だったり、給料だったりが明確になりました。

 

「やったーバンザーイ!」

 

残念ながらそうはいきません。

 

まだ、目指すべき目標が決まったばかりです!

 

今、あなたがいるところとゴールまでには、長い道のりと立ちはだかるいくつもの壁があります。

 

さあ、どう乗り越えるか?どう闘うか?

 

これからその戦略について考えていきます!

 

「うーん、いきなり戦略と言われてもなぁ」

 

「そんな難しい事、簡単には出てこないよー」

 

と言われるかもしれません。

 

大丈夫です!

 

戦略を立案するためのツールを使いこなせばいいんです。

 

中小企業は大手企業と違います。

 

まともに大手とガチンコしても資金力や人材力でかないっこありません。

 

そんな無駄な戦いは避けるべきです。

 

中小企業の取るべき道は、強みに集中してニッチ分野で勝負する事です。

 

あらゆる経営資源を分散させる事無く、ここぞという分野に集中させるのです。

 

それはどこなのか?

 

「そんなの簡単に出てこないよー」という時に

 

SWOTクロス分析3C分析を使います。

 

SWOT分析とは

 

強み(Strengths)

弱み(Weaknesses)

機会(Opportunities)

脅威(Threats)

 

4つの頭文字をとったものです。

自社の本当の強みは何か?

 

そして、これからの市場の変化で我々に有利なものは何か?

 

これをそれぞれクロスさせて答えを導いていきます。

 

これに3つのC

 

お客様(Customer)

競合他社(Competitor)

自社(Company)

 

それぞれの視点や状況を考えます。

 

お客様が求めている本当のニーズは何?

 

それは、我社が競合他社より強い事?弱い事?

 

を合わせて考えて行きます。

 

答えが見えてきたら、もうひとつ掘り下げましょう!

 

4つのPを考えるのです

 

製品(Product)=どんな製品だったら受け入れられる?

価格(Price)=どのくらいの価格だったらいいの?

販売 (Promotion)=どんな販促だと有効?認められる?

流通、販路=(Place)=どんな販路が適しているの?

これらを考えて行きます。

 

その時のお約束は、絞り込む事です。

 

判断する時に落ち入りがちなワナ・・・

 

それは、これでいいのだろうか?という不安がよぎった時に、ついついあれもこれもを選択してしまいます。

 

思いだしてください。

 

我々には限られた資源しかありません。

 

それを最も有効に使う為には分散させない事。

 

集中させることでしたね!

 

さあ、勇気をもって絞り込んでいきましょう!