事業承継を細分化すると8パターン存在します。

 

A親族内承継

 

①親⇒子供 全体の50%近くを占める主流

②親⇒義理の子供(娘婿など)

③親⇒傍系相続(甥・姪、はとこなどの遠縁)

④親⇒妻、兄弟など同世代

 

B他人への承継・・・役員・従業員・ヘッドハンティングなど

 

⑤親⇒社内の他人(従業員、役員) 最近増加の一途をたどる

⑥親⇒他社から招いた他人

⑦親⇒M&A・営業譲渡(他社の傘下で存続か合併)

 

C廃業・清算

⑧親⇒自己責任で廃業・休業・清算 年間3万件

 

親族内に後継者候補が見つからない場合は、B他人への承継を検討しなければなりません。

 

今日と明日は、最近増加の一途をたどる⑤親⇒社内の他人(従業員、役員)の方法にはどのようなものがあるかを解説します!

 

従業員が株式をすべて取得するという方法があります。

 

従業員が株式を取得することで所有と経営の両方を得ることができるわけです。

 

最も一般的な方法としては、「EBO(Employee Buyout)」=従業員が株式を買い取る方法です。

 

しかし、この方法は、資金が不足することが多いという問題があります。

 

その対策として

 

・従業員を後継者とした場合、報酬を増額し、将来の株式取得のための資金を確保する

 

・株式買取資金を後継者である従業員の能力や事業価値を考慮して、金融機関などに出資を求める

 

・株式を現経営者から従業員に贈与や遺贈する

 

以上のようなことが考えられます。

 

皆さんの会社で上記の方法で後継者に委ねたいと思えるくらいの従業員の方はおられますか?