事業承継を細分化すると8パターン存在します。

 

A親族内承継

 

①親⇒子供 全体の50%近くを占める主流

②親⇒義理の子供(娘婿など)

③親⇒傍系相続(甥・姪、はとこなどの遠縁)

④親⇒妻、兄弟など同世代

 

B他人への承継・・・役員・従業員・ヘッドハンティングなど

 

⑤親⇒社内の他人(従業員、役員) 最近増加の一途をたどる

⑥親⇒他社から招いた他人

⑦親⇒M&A・営業譲渡(他社の傘下で存続か合併)

 

C廃業・清算

⑧親⇒自己責任で廃業・休業・清算 年間3万件

 

親族内に後継者候補が見つからない場合は、B他人への承継を検討しなければなりません。

 

今日は、⑦親⇒M&A・営業譲渡(他社の傘下で存続か合併)の方法には、

 

どのような方法があるかについて簡単に解説します!

 

M&A(Mergers and Acquisitions=合併と買収)には、大きく分けて4つ存在します。

 

①株式売却

 

現経営者が保有している株式を他社に売却する方法

 

②株式交換

 

自社株式を他社に取得してもらい、完全子会社化することで対価(他社株式・現金)を受け取る。

 

③会社の分割・合併

 

④事業譲渡

 

会社の一部の事業を売却する方法で、債務を譲渡の範囲から切り離すなどを決めて行う。

 

以上がM&Aの方法になりますが、一般的には①株式売却が用いられています。

 

手続きがシンプルなうえに、現経営者にはまとまった現金を手に入れることができるという理由もあります。

 

また、売り手側の借り入れが多い場合、買い手側が業績の良い事業だけを望む④事業譲渡を選択する場合もあります。