M&Aにおける売却価格は、買い手企業が売り手企業の価値の調査・評価(デューデリジェンス)を行ったうえで、交渉の末に売却価格が決定します。

デューデリジェンス(Due Diligence)とは?

 

企業調査の1つであり、M&A、事業再編、不動産投資などの取引の対象となる

 

企業や事業部門、不動産・金融商品などのついて事前に詳細を調査、検討することを言います。

 

実務においては、

 

・事業デューデリジェンス

 

・財務デューデリジェンス

 

・税務デューデリジェンス

 

・法務デューデリジェンス

 

・人事デューデリジェンス

 

・知的財産デューデリジェンス

 

・ITデューデリジェンス

 

・不動産デューデリジェンス

 

など様々な観点から調査されます。

 

買い手側とすれば当然詳細について把握したいわけですから、

 

売り手側は日ごろから企業価値を意識した経営が必要なのです。

 

この企業価値を高めるために経営改善を行うことを「磨き上げ」と言います。

 

私は、M&Aのためだけに磨き上げをするのではなく、後継者がいる場合でも磨き上げが必要だと考えています。

 

親族内で承継するから磨き上げをしなくてよいわけはありません。