事業承継に本腰を入れようと覚悟されたら、

 

事業承継診断を活用して今後のステップを確認してみてはいかがでしょうか?

 

中小企業にとって事業承継に向けた計画的な準備が早ければ早いに越したことはありません。

 

できれば勇気をもって、我々事業承継士に相談していただけると良いのですが、

 

事業承継を計画していくには、現経営者のプライベートな領域にも踏み込んでいく必要があります。

 

その意思を覚悟するきっかけを与えてくれるのが、中小企業庁「事業承継ガイドライン」の事業承継診断票です。

 

まずはじっくりと事業承継診断票と向かい合い、考えてみてください。