廃業を検討している経営者の理由に、業績不振もありますが、後継者不在という理由があります。

 

経営者が「うちには後継者がいない」「任せられる人材がいない」とよく言われますが、私は半信半疑で聞くようにしています。

 

なぜか?

 

会社や業界のことも最も知っている経営者から見れば、「自分以外は皆物足りない」と感じるのが当たり前だからです。

 

実際に社内を見渡してみると未成熟ではありながら、鍛え上げれば成長可能な人材がいることも多くあります。

 

また逆のパターンで、後継者候補が2名以上いる場合「誰に継がせようか迷っている」との相談もあります。

 

このような時には、後継者アセスメントという手法を使い、

 

後継者候補を面談・筆記試験等を経て、その能力を数値化することで

 

選定の参考にしてもらうようにしています。

 

その他に、親族であるが故の教育の甘さからくる後継者候補に経営者としての能力不足が露呈する場合や

 

せっかく外部への修行から戻ってきても、他の従業員の手前があるからと言って、

 

現場で一から学ばせるなど時間がかかる方法をとる場合もあります。

 

ここで気をつけなければならないことは、経営者感覚を身につける前に、

 

従業員の一人として便利に使い込まれていることも結構多いパターンです。