事業承継が進まないと127万の企業が廃業を迎えるという危機感があるのはもちろんなのですが、下図を見てもわかるように社長交代時の「年齢が若ければ若いほど事業承継後の業績が向上」する傾向がみられるからです。

つまり、国は事業承継で経営者が若返ることで新しいやり方を導入し、経営革新を促し、この失われたといわれている20年を取り戻したいというのが本音なのです。

中小企業には、20年以上の若返りが必要と言われています。

これ以下だとすぐにまた事業承継の時期が訪れるからです。

早めに対策を練ってください。