親族内事業承継で、間違った相続対策をしてしまったばかりに経営を悪化させてしまった事例についてです。

 

乙社の経営者Aは、従業員持株会を設立することで相続財産が減少させ相続税節税を対策しました。

 

そして、従業員持ち株会を立ち上げ、Aの保有する自社株式35%を譲渡したのです。

 

その後、株式を手にした従業員の意識が良い方に変わればよかったのですが、

 

権利意識だけが高まり、株主総会で特別決議の拒否や配当要求、賃金アップの要求が次々と行われる状況になってしまったのです。

 

本来、Aは従業員持ち株会のメリットとデメリットを考慮し、対策を打つ必要があったのです。

 

その対策のひとつとして、

 

従業員持株会に譲渡する株式を無議決権株式(種類株式)にしておけば、

 

従業員は株主総会の決議に参加できないので、特別決議で拒否されるようなことはなかったのです。

 

相続対策を近視眼的に行うとこのような結果を招きます。

 

事業承継問題は、いろんな絡みがあるので、全体最適で対応したいものです!