事業を続けるのか?それともたたむのか?

 

客観的な判断ができます。

判定の結果を踏まえたうえで今後のことをしっかりと考えてみましょう!

 

客観的な現状把握ができていれば、社長自ら方向性を検討できます。

 

まずは、「気づき」が大切です。

 

そのうえで、今後どうするかを考える必要があります。

 

上記の判断早見表は、「何も手を打たなければ判断早見表の結果になるます」と警告を鳴らしたものです。

 

この結果を受けてどうするのが良いのか?

 

真剣に考えることがとても重要です。