中小企業の場合、現社長以外の人も株式を保有しているケースが多々あります。

 

株式が分散していると相続でもめることになります。

 

また、M&Aするにしても、廃業するにしても、決断を遅らせる可能性も秘めています。

 

株主が分散していることで経営に支障をきたすこともあるので、株式はできるだけ集約しておきたいところです。

 

しかし、株式の集約がうまくいかない場合があります。

 

事業承継時に株を集約しようとしたら、株価が上がっていたために株式買取請求をされるということもよくある話です。

 

株式が分散していたら、株価引き下げや株式買取の交渉を入念にしておいてください。