事業承継のコンサルティング活動をしていると気になる数字が飛び込んできます。

 

近年、中小企業の経営者が高齢化し、70歳以上の経営者が245万人いると推計され、そのうち127万人は後継者が未定とされています。

 

中小企業の黒字廃業率が49%であることを考えると、M&Aなどで第三者に事業承継する可能性のある中小企業は60万社程度あると推計されているのです。

 

そこで後継者不在の127万社のなかで、約半分の黒字でありながら後継者不在企業の約60万社をM&Aで存続させ、残りはどうするつもりなのか?という疑問がでてきます。

 

つまり、後継者不在の赤字企業は切り捨てるつもりなのか?

 

このような状況ですから、事業承継の世界では、スピード感が求められています。

 

どんな状況であっても最低でも廃業、そして後継者候補がいるのであれば、存続を考えた最良の策を講じる必要もあります。

 

もし後継者がいない場合は、M&Aも選択肢の一つに加えなければなりません。

 

こんな状況でありながらも私の肌感覚では、のんびりしている企業が多いと感じています。

 

ぜひ、事業承継について、先延ばしせずに真正面から取り組んでください。