事業承継コンサルティング

高株価対策、株式分散対策などの「ハードの事業承継」をはじめ、後継者選定から調整、事業の見える化などの「ソフトの事業承継」までをトータルで支援いたします。

特に、親子間、社長と従業員間で事業承継時に発生する感情的な衝突に対して、家族会議の執行から仲裁まで、事業承継時に現れる真の問題解決に全力で支援させていただきます。

もし、後継者が本当の意味で見つからないときは、M&Aなどのお手伝いもいたします。また、財務状況が悪化していて、後継できるかどうか判断がつかない場合は、経営診断から手仕舞い方まで寄り添いながら解決法を検討いたします。

事業承継は、実は会社が設立された時から常に抱え続ける問題ですが、人間がそうであるように、どうしても会社が継続する中で終わりを迎えることは経営者としては想像しにくいものです。では、相続ならどうでしょうか?

やはり同じように「自分がやれるうちは・・・」とか、「まだまだ承継させるタイミングにはない」などと理由をつけて先伸ばしにされるものです。しかし、後継者を育て、バトンタッチするということは経営者がしなければならない大きな仕事の一つです。

「どこからどうやって手をつけたらいいかわからない。」

そこで、私たちが事業承継計画書を経営者と一緒になって考え、構築していきます。

「自分が死んだら、息子が経営者になればいい。」と頭で考えていたとしても、そんなに簡単に運びません。そもそもご子息があなたの会社に入社していないケースでは、会社を継ぎたくないと考えているかもしれません。

役員や従業員はご子息を認めていないかもしれません。また、株式をきちんと譲渡して2/3以上をとっておかないと、他の兄弟が結託して息子を追い出すということだってよく起こります。

その対策として「遺言書をきちんと書いておきましょう。」「家族会議を開いて、情報をオープンにして家族全員の意思統一を図っておきましょう。」ということになるのです。この家族会議を私たちがファシリテーターとして解決するケースも多いのです。

  • ご子息を社長にした時に取引先が認めてくれて取引を継続してくれるか?
  • 銀行が保証人として認めてくれるか?
  • 従業員がついてきてくれるか?

これらは経営者として時間をかけながら能力を磨いていくしかありません。一番いいのは、新規事業を立ち上げる、赤字部門を立て直す、事業計画を構築し推進する、といった責任感の極大化した任務につかせて、鍛え上げることです。私たちは補佐役、指南役として、ご子息のバックアップもいたします。

もう一つの問題は、株式を相続した時に相続税を支払う能力があるかということです。また、社長もこれまで苦労してきた経緯を考えるとハッピーリタイアできる状況を作りたいわけですから、退職金ももらわなければならないでしょう。そのためには、保険に入ることも必要ですが、役員の退職金規程の整備も必要です。

また、ご子息以外に事業承継する場合は、株式を買取るための資金の手当ても考えなくてはなりません。これらすべての課題をワンストップ(全体最適)で支援いたします。このように、事業承継は、税務、保険、法律、ファイナンスなどといった総合的な知見が要求される極めて難易度の高いタスクを事業承継士中心の専門家集団で対処することが可能です。

安心してお任せください。顧問契約により、事業承継士が、株価対策から家族会議、後継者支援までを一貫して行います。

  1. 事業承継に関連する総合コンサルティング
  2. 事業承継手法の選択、事業承継計画表の策定
  3. 株式に関する株価引き下げ対策
  4. 代表取締役退職金プランの策定
  5. 株式移転計画の立案及び実行支援
  6. 株式総会議事録・定款・規定類の策定及び見直し・整備作業
  7. 相続における家族間の調整、遺言書作成支援、保険活用の検証

など

■最低期間 : 原則1ヵ年

■月間回数 : 原則1回

■必要費用 : 月額20万円(税別)~

(注意)株価算定や遺言書作成など専門家に依頼する場合は別途報酬が発生しますので、発注前には事前に確認いたします。