スモールM&Aサポート

対象となる企業

中小企業です。過去に売上高が1千万円に満たない企業の案件もございました。

サービス内容

  • 企業の譲渡
  • 企業の買収
  • 企業価値の向上、業績回復、事業再生などのコンサルティング
  • M&Aの事前準備コンサルティング
  • M&A・事業承継にかかるセカンドオピニオン
  • M&A取得資金のための連携する銀行のご紹介

サービス費用

相談料 無料
M&A依頼 着手金0円、中間金0円

《売却側》売買価格5%(最低報酬200万円~)

《買受側》売買価格5%(最低報酬300万円~)

コンサルティング 50万円~

私とM&Aの始まりは、今から20年前のことでした。

私を子供のように可愛がってくれ、コンサルタントとしても契約してくれていた葬祭業の社長ご夫妻から、ある時に「社長を引き継いでくれないか?」と打診されました。

コンサルタントとしてお世話になっていましたから、葬祭業の経験はなくても知識だけはあったつもりです。しかし、社長を受けるとなるとご遺族に対する思いがなければ無理と考え、丁寧にお断りしました。とは言え、高齢の社長ご夫婦を見捨てるわけにはいきません。

その時に初めてM&Aを勉強したのです。

今ではM&Aという言葉を知らない経営者はいませんが、当時は中小企業のM&Aはまだまだ浸透していませんでした。M&Aの書籍を読み漁り、大手M&A仲介会社のセミナーにも参加しました。それでも机上で学んだだけで簡単にM&Aの実務をこなせるわけはありません。

そこで、この葬祭業の社長ご夫婦の代行として、大手M&A仲介会社との交渉を任せていただきました。日ごろからキレイな決算書(公私混同も無く、高収益)を心がけておられたので、短期間・高額買収額で、M&Aが無事に完了しました。

もう一つ実経験があります。

飲食専門の有名コンサルタントの先生と提携をして、九州の飲食店のご相談にも対応していました。その活動の中で、理論はわかっても実体験をしないとダメと思い、10坪弱の飲食店を経営しました。それなりに繁盛しましたが、私自身が出向型コンサルティングをしていたので、時間的にも余裕がなくなり、手放すことを決断しました。
飲食店をただ手放すなら、良くても居抜き代くらいにしかなりません。

そこで、「飲食店を始めたい個人の方へ譲ったらどうだろうか?」と考え、募集をしました。その結果、「店名とメニューを継続して頑張りたい」とおっしゃる前向きなご夫婦と出会ったわけです。8年間経営していたので、お客様もついており、メイン料理のファンもいました。

私が出した金額は1200万円。

この脱サラご夫婦には、少し高額かもしれませんでしたが、収益は確実に読めています。しかし、現金で1200万円を用意できません。両者で検討した上で、契約書を交わし、5年間の分割で譲渡することにしました。その結果、5年間を無事に乗り越えてくれました。今でも繁盛店として頑張ってくれています。

これらの実体験から、中小企業の事業承継問題の解決にはM&Aは有力な手段の一つだと思います。

しかし、大手M&A仲介会社に頼るとの手数料は、高額です。高額な手数料を払えないなら、M&Aできないのはおかしいと考え、スモールM&Aのお手伝いをすることにしました。